電話占いのネガティブな内容

電話占いでは、すぐに気軽に相談できることが人気となり、多くの人が利用しています。相談内容をすぐに知ることができますが、内容によっては良いことが多い場合があり、また悪いことが多い場合もあります。

悪いことしか言われない?

電話占いに対応している占い師の中には、悪いことしか言わない人も中にはいるようです。悪いことには、悪い結果がその内容になっているものがあり、またきつい口調で相談者を叱咤するものもあります。ネガティブな内容が多く、不安をあおるようなタイプの占い師もいるので、悪いことを言われれば相談者によってはかなり落ち込む場合があります。相談者の好みや受け取り方によって、良いことも悪いことも内容を理解できるようになり、たとえ悪い内容でもしっかり受け取れるかが問われます。

ネガティブなことを言われたくなければ

ネガティブな内容が苦手な人なら、相談者自身が占いにどのようなことを求めるのか、よく考えたうえで相談することがおすすめです。きつい言い方が苦手なら、口コミサイトなどで占い師の性格やコミュニケーションの取り方をチェックし、厳しそうな人を選ばないようにします。鑑定結果に疑問を感じたら、はっきりとその内容について質問し、説明してもらいます。その時にちゃんと説明してくれれば問題ないでしょう。どのような人が向いているかは、相談者の気分によって選べます。

電話占いでのネガティブな内容

電話占いでは、悪いことしかいわれないという場合もあり、こうした時は結果が悪かったり、口調がきつかったりする場合が多いです。相談者の受け取り方によって、内容の感じ方に違いがあります。もしネガティブな内容が苦手だったら、事前に占い師のことを調べて、自分に合った占い師を選ぶようにします。